【#1】私、つたはどんな人間なのか?【院生の1級建築士受験】

【#1】私、つたはどんな人間なのか?【院生の1級建築士受験】

みなさま,おはようございます。

今回はいよいよこのシリーズの第1回目。まずは私自身について自己紹介します。

1級建築士試験を来年受験する「つた」は一体、どんな人間なのか。

 

自己紹介に入る前に、今後も踏襲していく本ブログの構成について軽く触れておきます。

基本毎日更新する予定ですので、記事の最初に「その日行う作業」を書き、1日のノルマを宣言したあとに記事の本題へ入っていきたいと思います。

 

本日の作業

 

 

  • 今年度版の中古参考書の購入
  • 来年度版の参考書の検討

 

勉強を始めるにあたって、試験まであと〇日を把握しておきたいころですが、日程の発表はまだのようです。今年度と同じであれば、来年の3月頃でしょうか。

さらに、新型感染症やオリンピックの影響を考慮すると、来年度の日程はどうなるのか不明瞭なところでもあります。

それはさておき、本日は参考書関連の作業を行います。勉強の予定購入した参考書は今後の記事で書くのでお待ちください。

 

自己紹介

 

つたログ
つた(22)

名前

つた (Tsuta)

私はニックネームとかを好まないのですが、中の人間を前面に出しても読者が辟易すると思うので、ブログではつた名乗り、それ以上のものは名乗りません。

年齢

22歳です。

 

得意なこと

長文を書くのが得意です。

最近はとある長文を書く作業に追われ、すっかり文筆作業に慣れました。

一方本ブログの記事は、読んでいて疲れないよう簡潔にしたいと思います。

 

職業

現在大学4年生です。

地方の国公立大学建築学科に所属しており、来年度は大学院へ進学します。とある長文と言うのは卒業論文のことだったのです。

 

 

ということで実は私、まだ実務に携わったことがなく、

現時点では一級建築士の受験資格さえありません———

 

しかし、平成30年に「建築士法」という建築士試験に関わる法律が改正になったことで受験資格が変わり、大学を卒業した者がすぐに受験できるようになりました。そのため私も3月に無事卒業すれば、来年度の試験に間に合います。

 

大学生の建築士受験ブログはあまり前例が無いため(法改正的に)、同じ学生で受験を検討している方の役に立つコンテンツとなるようがんばります。

 

不束者ですが、なにとぞよろしくお願いします。

次回予告

 

次回【#2】は、大学院在学中に1級建築士を取得する理由は?をお送りします。お楽しみに。

 

つたログを定期購読できます。

コメント

  1. 小林優作 より:

    お世話になります
    私も大学院生で一級建築士を目指します。大変てますが一緒に頑張りましょう。

    1. 寺子つた(Tsuta) より:

      小林優作 様
      コメントありがとうございます。あと5カ月、お互い頑張りましょう。

コメントを残す

*