【#70】ありがとウラ指導!法規の演習2周目は最高●点。【院生の1級建築士受験】

【#70】ありがとウラ指導!法規の演習2周目は最高●点。【院生の1級建築士受験】

みなさん、おはようございます。

昨日で法規の過去問演習2周目が全て終わりました。今回はようやく、12月に活用しまくった、アノ参考書の効果がじわりと出始めた気がします。

1周目から点数も飛躍して、最高点はなんと●点です!

   

 

まず、簡単に自己紹介します。

私は地方の国公立大学で建築を学ぶ大学4年生修士1年生となる来年度、2021年一級建築士試験受験します。詳しい自己紹介はこちらの記事(クリックで開く)から。

 

1月27日(水)の作業/学科まであと165日

 

 

  • 19年法規(30問)演習・復習

本日は2019年法規を演習・復習していきます(第3周目)。最新の演習結果こんな感じです。意外にも綺麗に点数が右肩上がりしました。

 

 

それでは今日も一日、ご安全に。

 

ウラ指導のおかげ!法規2周目の飛躍

 

さて、本題です。

 

12月・1月は法規に徹すると決めて、他の科目には間も暮れなかった私。

ようやくその成果の兆しが見え始めました。こちらをご覧下さい。

 

 

これは法規演習の点数のグラフですが、第2周目は平均点が23.8/30点

1周目は16.7/30点でしたから、歴然の差です。

 

2周目は2012年が最高26点を取ることが出来ました。

1周目は22点でしたから、こちらも上昇しております。

 

 

ここで私が言いたいのは、これは「法規のウラ指導」さんのおかげ他ならないということです。

市販の法規の参考書では、やはりこれが最強でした。知らない方はぜひ、この記事をお読み下さい。

 

 

私は12月に法規のウラ指導を3周しました。

その後過去問題の演習へ移ったのですが、すぐには良い点数をとれず、正直効果に疑問を感じた瞬間もありました。

 

でも、法規のウラ指導!君を信じてよかった!

 

このセリフは合格まで取っておきたかったのですが、つい今申し上げてしました。

では、具体的に「法規のウラ指導」の何が良かったのかをご説明しましょう。

 

 

まず、どの問題も法令集を引けば解けるというメンタルが身に付きます。

ウラ指導は法令集を引きながら問題を解いていく参考書ですが、どういった問題が出た時にどのあたりを引けばいいかを手で覚えることが出来ます。

当然法令集を引くスピードも早くなり、今ではほぼ全問引いても間に合うようになってきました。

 

次に、入れ替わった選択肢に対応できる力が身に付きます。

法規の過去問は全く同じ問題がでるというわけではなく、よく4択がシャッフルされたりします。しかし、そんな場合でも対応できる力が身に着きました。

よって、1周目に初見問題を演習している時から点数が上がり始めたのです。

 

 

以上、過去問題演習2周目を終え、ようやく「法規のウラ指導」効果が出てきたことを熱くご報告してしまいました。

 

とはいえ、本番の点数が良くないと説得力に欠けるので、これからも精進します。皆さまの参考に少しでもなっていれば幸いです。

次回予告

次回【#71】は、『誤解していた!卒業論文を書き終えて気付いた3つの事実。』をお送りします。お楽しみに。

 

 

読んでくださるあなたの存在が、勉強ブログ励みです。

よろしければ、Twitterフォローまたはシェア、または定期購読のボタンクリックをお願いします。明日も「つたログ」でお会いしましょう。

つたログを定期購読できます。

コメント

コメントを残す

*