【#118】本番まで50日。後がない私の最新勉強戦略。【院生の1級建築士受験】

【#118】本番まで50日。後がない私の最新戦略。【院生の1級建築士受験】

ちょうど、学科試験本番まであと50日となりましたね。みなさん、いかがお過ごしですか。

私は当初立てた目標で達成できること、そうでないことが顕著に表れてきた時期にあります。

本番まで突き抜けるために、あとは何をする予定なのか最新戦略を公開してみました。

   

 

まず、簡単に自己紹介します。

私は地方の国公立大学で建築を学ぶ修士1年生。2021年一級建築士試験受験します。詳しい自己紹介はこちらの記事(クリックで開く)から。

 

2021年5月・第4週の作業振り返り

 

5月16日科目別チェックテスト
5月17日科目別チェックテスト 復習
5月18日10年構造・施工(55問)演習・復習第3周目
5月19日17年計画・環境(40問)演習・復習第2周目
5月20日20年構造・施工(55問)演習・復習第4周目
5月21日16年計画・環境(40問)演習・復習第2周目
5月22日19年構造・施工(55問)演習・復習第4周目

今週も予定の消化率は100%でした。

それでは今日も一日、ご安全に。

 

過去問はあと何周できるのか。模試は何を受けるのか。

 

さて、本題です。

 

一級建築士学科試験まで、今日でちょうどあと50日

皆さんも私も、この後がない状況に焦っていることでしょう。

 

私も最初に決めた、「過去問を徹底的に繰り返す」「できるだけ安く模試を受ける」という方針は相変わらずブレていないものの、近況をブログでお話ししておりませんでした。

 

そこで私自身の思考の整理も兼ねて、50日で過去問は何周繰り返す予定なのか模試は何を受験するのかということへ焦点を当てて正直に書いてみたいと思います。

 

 

構造・施工は2周、計画・環境は1.5周、法規は0.5周

演習はほぼ毎日やっており、最新の点数はこのような感じです。

 

 

勉強を始めた日から本日までで、

  • 構造・施工… 3周
  • 計画・環境… 1.5周
  • 法規… 4周

をこなしてきました。

 

 

あと50日の演習量は以下の通りです。

  • 構造・施工… 2周
  • 計画・環境… 1.5周
  • 法規… 0.5周

ちょうど1日1演習すると、50日にピッタリ収まります。

 

 

累計の演習量は、

  • 構造・施工… 5周
  • 計画・環境… 3周
  • 法規… 4.5周

となる予定です。

 

当初は全科目7周する、なんて豪語していましたが、そこまでする必要を感じなくなりました。

これまでの演習の点数、総合資格学院さんのチェックテストの結果を踏まえて、本当にヤバい科目(記事参照)も判明したので、そこを重点的に最後まで演習を繰り返していきます。

 

(関連記事)

 

模試は2つ受験します

そして模試ですが、あと2つ受験します。ちょうど大手2社を網羅する形ですね。

 

  1. 総合資格学院 5月オープン模試(5月下旬、0円)
  2. 日建学院 全国統一公開模擬試験(6月下旬、5,500円)

 

総合資格学院さんの模試はすでに2回受験しましたが、無料であるにも関わらず毎回大いに役立ちました。

特に、試験会場に慣れる経験が得られるのはこのご時世貴重ではないでしょうか。

 

(関連記事)

 

最後に、みなさんは申し込み忘れ等はないでしょうか。

 

総合資格学院 5月オープン模試が2021年5月25日(火)まで、日建学院 全国統一公開模擬試験が2021年6月10日(木)までですから、受験される方はお忘れないようご注意下さい。

 

▶ 総合資格学院 5月オープン模試 公式サイト

▶ 日建学院 全国統一公開模擬試験 公式サイト

 

 

今回の記事も、皆さまの勉強の一助となっていれば幸いです。

次回予告

次回【#119】は、『学生学科合格者へインタビュー。建築学生の資格とキャリア<前編>』をお送りします。お楽しみに。

 

 

読んでくださるあなたの存在が、勉強ブログ励みです。

よろしければ、Twitterフォローまたはシェア、または定期購読のボタンクリックをお願いします。明日も「つたログ」でお会いしましょう。

つたログを定期購読できます。

コメント

コメントを残す

*