【#2】大学院在学中に1級建築士を取得する理由は?【院生の1級建築士受験】

【#2】大学院在学中で1級建築士を取得しようと考えた理由【院生の1級建築士受験】

 

みなさま、こんにちは。

【院生の1級建築士受験】第2回目の投稿です。

さて今回は、なぜ私が大学院在学中に1級建築士を取得しようと考えたのか?、その理由をご説明します。

 

 

まず、簡単に自己紹介します。

私は地方の国公立大学で建築を学ぶ大学4年生修士1年生となる来年度、2021年一級建築士試験受験します。詳しい自己紹介はこちらの記事から。

 

11月14日(土)の作業

 

作業予定

 

  • 学習計画表の作成

 

まずは恒例の作業予定です。本日は大学も無いため、試験までのざっくりとした計画を練りたいと思います(後日記事にします)。

なかなか勉強を始めないなとお思いの方、大変恐縮ではございますが、まだ参考書が届かないので、まあ、できそうなことをやっています。

 

大学院在学中に1級建築士を取得する理由

 

 

それでは本日の本題です。

なぜ、私が大学院在学中に1級建築士を取得しようと考えたのか、その理由をご説明します。

もしかしたら、同じく大学(院)生の方の参考になったり、「その考えは甘い!」と、受験経験者の方から喝をいただいたりするかもしれません。

 

理由は以下の3つです。

 

  • 必要になった時に取るのが難しそうだから
  • 手書きの感覚と院試の記憶がまだ残っているから
  • このご時世の影響で、例年より時間に余裕ができたから

 

以下、それぞれを詳しく説明していきます。

 

必要になった時に取るのが難しそうだから

 

1つ目の理由は、1級建築士は必要になった時に取るのが難しそうだからです。

 

私は現在建築を学ぶ大学生ですが、来年度は大学院へ進学し、卒業後は建設業での就職を考えています。業界を知るために社会人の方のお話を聞くこともありますが、「仕事が多忙で資格の勉強をする余裕が無い」という事情をよく耳にします。

建設業においても資格・免許の取得はキャリア上有利になるといいますが、その必要性を感じた時には業界の特性上多忙となっており、試験勉強どころではなくなることがあるようです。

 

一方で、大学生や院生は資格・免許の取得に向いていると考えられます。研究活動や就職活動があるとは言っても、社会人の方と比べると時間に融通が利きやすい時期といえるでしょう。

そして、一級建築士は昨年度から大学卒業後すぐの受験が可能となりました。特に長大な勉強時間を要し、かつ、ゆくゆく必要性を感じるであろう一級建築士を在学中に取得できるようになったのは、大変ありがたいことです。

 

以上が、1つ目の理由です。

 

手書きの感覚と院試の記憶がまだ残っているから

 

2つめの理由は、手書きの感覚と院試の記憶がまだ残っているからです。

 

どういうことかといいますと、実務の設計はCADであるため社会に出ると手書きの製図に不慣れになっていく、またこれは院生の事情ですが研究が専門的になるほどそれ以外の分野の知識が抜けていく、という可能性があり、一級建築士の受験時の勉強がより大変になるということです。

 

私の大学では手書きの製図にかなり時間を割いて教えていただきました。そのため、この感覚を忘れないうちに製図試験の勉強に移った方がよいでしょう。さらに、今年の大学院入試の勉強で計画・構造・環境とまんべんなく復習を行ったので、その知識が薄れないうちに5つも科目がある学科試験の勉強を始めたいとも考えました。

 

これは余談ですが、英単語なんて抜けきった頭で院試のためにTOEFLの勉強をしている時、なんで大学合格後すぐに受けなかったんだ、と後悔した経験の影響もあったりします。

 

以上が、2つ目の理由です。

 

このご時世で、例年より時間に余裕ができたから

 

3つ目の理由はこのご時世で、例年より時間に余裕ができたから、です。

今年度は新型感染症の流行で、研究活動が簡略化されたり、就職活動のイベントも現地に行くことが出来なくなったりしました。現在2020年11月ですが、最近感染者が再び増えてきたこともあり、こうした自粛が必要な状況はまだ続くと考えています。

これは正直好ましいことではありません。ですが、在宅で資格勉強するにはチャンスともいえる余裕が生まれたとも考えられます。

現在は卒論の執筆を中心に活動している私ですが、発表後の2、3月は授業もなく課外活動も制限される可能性が高いため、この時期は特に学科試験の勉強にもってこいだとにらんでいます。

 

以上が、3つ目の理由です。

 

(2021/02/08追記)

この記事から約3か月後に、内容をリメイクした記事を公開しました。

次回予告

次回【#3】は、学業と両立は不可?頭でっかちになる? 私が「受験しない理由」を考えたをお送りします。お楽しみに。

 

つたログを定期購読できます。

コメント

コメントを残す

*