【#76】法規集中、最後の1時間45分。【院生の1級建築士受験】

【#76】2か月間の集大成。法規最終テストの結果。【院生の1級建築士受験】

その手触りが好きだった。分厚いくせに、決して紙質を妥協しない君。

この2か月間、二人でいろんな難題を乗り越えた。あの日君が教えてくれた、旗ざおを建てるのに確認済証がいらないってこと、ぼくは一生忘れない。

でも今日、今日の演習が、最後の1時間45分。

嗚呼、TACの法令集。また逢う日まで———

   

 

まず、簡単に自己紹介します。

私は地方の国公立大学で建築を学ぶ大学4年生修士1年生となる来年度、2021年一級建築士試験受験します。詳しい自己紹介はこちらの記事(クリックで開く)から。

 

2月2日(火)の作業/学科まであと159日

 

 

  • 2020年構造(30問)演習・復習(第1周目)

本日はひとまず2020年度の構造の過去問題を演習して、感覚をつかみます。

 

それでは今日も一日、ご安全に。

 

法規最終日の確認テストの結果

 

 

さて、本題です。

表題の通り本日は法規を集中的に勉強する日としては、最終日になります。

 

下記の記事で書いたように、最終日には初めて解く問題を解いて、実力を確認するテストとする予定でした。

 

  

その日が昨日、2月1日だったのです。

 

法規は2か月間勉強してきました。

内容を端的に言うと、「法規のウラ指導」3周2020~2010年度の過去問題をそれぞれ3周(2014年度は除く)。

 

そしていよいよ、確認テストとして2014年度の問題を解くと、私は何点取れたのか。

 

結果はこちらです。

 

法規

 

24/30点。

 

7月の目標点である25点にはまだ届かないことや、初見年度といえども「法規のウラ指導」で見た問題が少しあったことを差し引いても、

今の実力として素直に受け入れられる点数です。

 

* * *

 

まだ法令集の引き方も知らなかった頃の、あてずっぽうの14点や、

ひと月「法規のウラ指導」に打ち込んだにも関わらずとった、呆気ない16点が、

走馬灯のように脳裏をよぎりました。

 

しかし、名残惜しさに負けず、私は次の世界へ旅立たなくてはなりません。

  

今日からは構造施工の勉強がはじまります。

ここにもきっとまた、出会いや別れ、そして私自身の成長があるのでしょう。

そんな期待を胸に、私はノートに曲げモーメント図を描き始めました。

 

 

次回予告

次回【#77】は、『2021年2月の学習計画が決定』をお送りします。お楽しみに。

 

 

読んでくださるあなたの存在が、勉強ブログ励みです。

よろしければ、Twitterフォローまたはシェア、または定期購読のボタンクリックをお願いします。明日も「つたログ」でお会いしましょう。

つたログを定期購読できます。

コメント

コメントを残す

*