【#57】このままでは足切り?20年~16年の法規演習結果を暴露。【院生の1級建築士受験】

【#57】このままでは足切り?20年~16年の法規演習結果を暴露。【院生の1級建築士受験】

みなさん、おはようございます。

昨日で5年分の法規の過去問題を解き終えました。最終的に11年分解く予定ですが、ひと区切りとして、これまでの演習結果の点数暴露したいと思います。

果たして、一介の大学生は法規の初見問題で何点くらいとれるのか?

   

 

まず、簡単に自己紹介します。

私は地方の国公立大学で建築を学ぶ大学4年生修士1年生となる来年度、2021年一級建築士試験受験します。詳しい自己紹介はこちらの記事(クリックで開く)から。

 

1月10日(日)の作業/学科まであと182日

 

 

  • 14年法規(30問)演習・復習

 

本日は2014年法規を演習・復習していきます(第1周目)。

本日は60問解く予定でしたが、卒業論文の進捗の都合上30問緩和しました。

それでは今日も一日、ご安全に。

 

私の20年~16年の法規の演習結果

 

 

さて、本題です。

このところずっと法規の過去問題を解き続けており、昨日で5年分解き終えたのですが、ブログでは結果にほとんど触れていませんでした。

 

まさか、演習の点数が悪すぎて言えないのでは?

 

と思われてしまったかもしれませんが、正直をモットーにするつたログですから、そんなことはあり得ません

過去問題は最終的には11年分解く予定ですが、ひと区切りというべき5年分を終えた本日、私のここまでの点数を暴露いたしましょう。

 

 

12月には法規のウラ指導を3周しました。

その後、1月のはじめから2020年~2016年の過去問をそれぞれ初見で解いてみた、その点数は果たして…?

 

演習結果の点数は?

気になる点数は以下のようになりました。

2016年と2017年が逆になっているのは、解いた順番が逆だったからです。

 

  • 2020年・・・16/30点
  • 2019年・・・16/30点
  • 2018年・・・16/30点
  • 2016年・・・14/30点
  • 2017年・・・18/30点

 

法規って何点満点だっけ?という煽りはお控えください(涙)。

 

5年間を平均して16/30点という結果。

 

16点というのは、ギリギリ足切りを回避できる点数です。

しかし、2017年の14点は見逃せません。この年は立派な足切りです。

 

 

現状は決して楽観できませんが、最新の昨日18/30点とこれまでに比べて健闘しました。

 

実は、2020年(第1日)から2016年(第4日)までの演習では、法令集の引き方が適切でなかったのですが、

それを昨日初めて改めたことで、点数の上昇につながったのです。

 

昨日、法令集の引き方をこう変えた!

 

昨日は初めて、1問ごとに法令集を引いて問題を解きました。

 

それだけ?とお思いかもしれませんが、

当初私は先に30問すべての設問を見て目星をつけてから、最後にまとめて法令集を引く、

という解き方をしていました。

 

これはページをめくる時間短縮のつもりだったのですが、何を引く予定だったか意外と忘れてしまい、逆効果に。

そこで素直に1問ずつ引いて解いた結果、その方が点数はわずかながら上がったのでした。

 

本日こそは、20点超えを目指して頑張ります。

 

 

今回は、『受験生のみなさん、私の現状を見たまえ。安心しただろう』ということをお伝えしました。参考になっていれば幸いです。

次回予告

次回【#58】は、『未定』をお送りします。お楽しみに。

 

 

読んでくださるあなたの存在が、勉強ブログ励みです。

よろしければ、Twitterフォローまたはシェア、または定期購読のボタンクリックをお願いします。明日も「つたログ」でお会いしましょう。

つたログを定期購読できます。

コメント

コメントを残す

*