【#69】まさかの公開停止。あの日、私のブログで事件は起きた。【院生の1級建築士受験】

【#69】まさかの公開停止。あの日、私のブログで事件は起きた。【院生の1級建築士受験】

お久しぶりです、この度はお騒がせしました。

という挨拶がふさわしいほど、まだ読者様がいるわけでは無いのですが、私のブログを読んでくださる方は一定数いらっしゃいます。そのため、今回の件についてきちんとご説明させていただこうと考えました。

2日間に及ぶ公開停止。私のブログで起きた事件とは。

   

 

まず、簡単に自己紹介します。

私は地方の国公立大学で建築を学ぶ大学4年生修士1年生となる来年度、2021年一級建築士試験受験します。詳しい自己紹介はこちらの記事(クリックで開く)から。

 

1月26日(火)の作業/学科まであと166日

 

 

  • 20年法規(30問)演習・復習

本日は2020年法規を演習・復習していきます(第3周目)。ようやく本日から、演習3周目が始まります。また、最新の演習結果こんな感じです。

  

   

それでは今日も一日、ご安全に。

 

なぜブログが公開停止になったのか

 

 

さて、本題です。

 

2021年1月23日深夜から、アクセスできなくなった私のブログ

その裏側で起きていたことをお話ししようと思います。

 

自分のサイトを持たれている方や、今後持とうと考えている方のお役に立つかもしれません。

 

結論を申し上げますと、

曳家をしようとして、新しい土地確認申請の手続きを間違えました。

 

 

 

そんな顔しないでください。ちゃんとブログの話をしています。

しかし、本ブログは一級建築士合格を目指すブログです。

 

建築の話に例えるならばまさしくこの状況に近いと考えました。

 

曳家?土地?確認申請?だと?

まず、ブログのようなものだとします。

私は土地を借りて、をそこへ建てておりました。

 

しかし、土地は借りている状態なので当然お金がかかってきます。

ある時私は、同じくらい条件のいい土地で、今よりもお金のかからない土地を見つけてしまいました。

 

ショック!もう建ててしまった後なのに…。

しかし、私のブログに不可能という文字はありません。

 

その好条件の土地へ、今のをそのまま引っ張っていくことはできまいか?

こう考えました。

 

するとまさしく、そんな曳家のような方法があったのです。

私は早速新しい土地と契約し、もとの土地に別れを告げてごと引っ張り始めました。

実際の曳家はそんな気軽なものでは無いと思いますが、ここはオンライン上の世界です。お手柔らかにお願いします。

 

ところが、ここで問題が発生。

 

新しい土地へ家を移動させるには、引っ張っていく前に色々と手続きが必要だったのです。

これは、建築確認のようなものです。実際の曳家にも建築確認は必要ということなので、こう例えさせていただきます。

 

端的に言えば、建築確認申請書に書く住所を間違えました。

 

実際に住所は「●丁目●番地」といったものが一般的かと思われますが、私は「●丁目」までしか書かずに提出したようなもので、

先方がいつまでたっても確認を行えずに、私のは新しい土地に建たなかったという訳でございます。

ブログの帰属はあえなくどっちつかずとなり、公開停止となりました。

 

しかしながら、実際の確認申請は施工中に訂正できるものでは無いようですが、今回は先方にそれを説明したところ、昨日解決しました。

そして、無事公開されている今に至ります。

 

ご協力いただいた担当の方、誠にありがとうございました。

  

 

さて、もっと専門的な言葉で知りたい方は「独自ドメイン サーバー 移転」とかで検索してください。詳しい人の記事がたくさん出てきます。

私はWeb専門ではないので、今回は書きませんでした。

   

何はともあれ、無事復旧した「つたログ」を今後ともよろしくお願いいたします。

次回予告

次回【#70】は、『ありがとウラ指導!法規の演習2周目は最高●点。』をお送りします。お楽しみに。

 

 

読んでくださるあなたの存在が、勉強ブログ励みです。

よろしければ、Twitterフォローまたはシェア、または定期購読のボタンクリックをお願いします。明日も「つたログ」でお会いしましょう。

つたログを定期購読できます。

コメントを残す

*