【#68】これ間に合うの?学科試験までの復習スケジュール。【院生の1級建築士受験】

【#68】これ間に合うの?学科試験までの復習スケジュール。【院生の1級建築士受験】

みなさん、おはようございます。

学科試験まであと169日。12月も1月も法規しか勉強しなかった私は、危機感を抱くべきなのでしょうか。もう、法規以外の科目は放棄してしまったのでしょうか。

結論その心配は無用考えています。一体私はどんなスケジュールで残り169日間を過ごすのか?

   

 

まず、簡単に自己紹介します。

私は地方の国公立大学で建築を学ぶ大学4年生修士1年生となる来年度、2021年一級建築士試験受験します。詳しい自己紹介はこちらの記事(クリックで開く)から。

 

1月23日(土)の作業/学科まであと169日

 

本日の作業

 

  • 12年法規(30問)演習・復習

本日は2012年法規を演習・復習していきます(第2周目)。本日の時点で、演習の結果こんな感じです。

 

 

それでは今日も一日、ご安全に。

 

学科試験までの復習スケジュール

 

 

さて、本題です。

 

はじめにことわっておくと、本記事は、私が当初決めた勉強計画を数値化するものです。

下の記事で紹介しているような、1科目集中型で勉強されている方のお役に立てるかもしれません。

 

 

つまり#13の記事がで、今日の記事が施行令ってことだよ!

 

例えば2月以降は、構造の演習をしつつ法規の復習をする、3月以降は施工の演習をしつつ法規と構造の復習をする、などと決めましたが、

演習復習は、どれくらいの比率で行うのかを定めていませんでした。

 

そこで、本日の記事ではそれを定量的に決めて紹介したいと思います。

 

2021年2月・3月

まず、ここで重大な計画の変更を行うことを暴露します。

以前までは2月に構造、3月に施工を勉強するなどと豪語していましたが、構造と施工は同時に勉強します。

 

やはり、せっかく大学の授業も無く長時間連続の演習が可能になる期間のため、

2時間45分の長丁場である学科Ⅳ・Ⅴを合わせて演習する訓練をしていきます。

 

よって、2月と3月は同じようなスケジュールになるでしょう。

かける時間の比率はこんな感じです。

 

構造+施工 : 法規

5 : 1

 

勉強時間は#13の記事で、2・3月あわせて360時間ほどかけられると計算しましたが、構造+施工に300時間復習として法規に60時間かけることになります。

 

構造+施工は11年分の過去問題を5周できればと考えており、1月までに3周を終える予定の法規は、11年分2周する予定です。

 

構造+施工11年分5周するの自体は200時間くらいで終わりそうなので、

残りの100時間は、可能であれば施工現場の資料を探して理解を深めたり、計画の暗記系などへ時間を割いたりできると考えています。

 

2021年4月~5月中旬

この期間は環境・設備の勉強を主にするとしていましたが、比率は以下のようになります。

 

環境 : 構造 : 施工 : 法規

5 : 1 : 1 : 1

 

勉強時間は#13の記事で、4月~5月中旬は160時間ほどかけられると計算しましたが、環境・設備に100時間復習として構造に20時間、施工に20時間、法規に20時間となります。

 

環境・設備は11年分の過去問題を6周できればと考えており、すでに5周を終えた構造と施工1周、同じく5周を終えた法規は、0.5周する予定です。

ちなみに、研究に講義にある中で2時間45分連続の時間は確保できなさそうなので、構造と施工は分けて演習します。

 

2021年5月中旬~6月

この期間は計画の勉強を主にするとしていましたが、比率は以下のようになります。

 

計画 : 環境 : 構造 : 施工 : 法規

20: 3 : 3 : 3: 3

 

勉強時間は#13の記事で、5月中旬~6月は160時間ほどかけられると計算しましたが、計画に100時間復習として環境・設備に15時間、構造に15時間、施工に15時間、法規に15時間となります。

 

計画は11年分の過去問題を7周できればと考えており、すでに6周を終えた環境・設備1周構造と施工1周5.5周を終えた法規は、0.5周する予定です。

 

 

まずは、1月末までに法規を11年分3周終わらせられるように努めます。

しかし、現時点で2周目があと3年分、3周目が丸々11年分ですから、残り9日間で延べ14年分多少厳しいかもしれません。

 

今回は、学科試験までの復習スケジュールをお伝えしました。参考になっていれば幸いです。

次回予告

次回【#69】は、『まさかの公開停止。あの日、私のブログで事件は起きた。』をお送りします。お楽しみに。

 

 

読んでくださるあなたの存在が、勉強ブログ励みです。

よろしければ、Twitterフォローまたはシェア、または定期購読のボタンクリックをお願いします。明日も「つたログ」でお会いしましょう。

つたログを定期購読できます。

コメント

コメントを残す

*