【#58】勉強開始から2カ月。私は何をやっていたのか?【院生の1級建築士受験】

【#58】勉強開始から2カ月。私は何をやっていたのか?【院生の1級建築士受験】

みなさん、おはようございます。

本日は1月11日。私が受験を決意したあの日から、ちょうど2カ月が経過しました(どの日か分からない方、すみません)。そのため、本記事では勉強の進捗を報告しようと思います。

私はこの2か月間、一級建築士試験へ向けて何をやっていたのか?

   

 

まず、簡単に自己紹介します。

私は地方の国公立大学で建築を学ぶ大学4年生修士1年生となる来年度、2021年一級建築士試験受験します。詳しい自己紹介はこちらの記事(クリックで開く)から。

 

1月11日(月)の作業/学科まであと181日

 

 

  • 13年法規(30問)演習・復習

 

本日は2013年法規を演習・復習していきます(第1周目)。

昨日誤って2015年の第2周目を解いてしまったため、2014年度を最終テスト用の問題としてとっておくことにしました(私の備忘録)。

 

それでは今日も一日、ご安全に。

 

2か月間私は何をやっていたのか?

 

 

私が一級建築士試験受験を決意したあの日から、本日でちょうど2ヶ月

 

  

この2か月間私は一体、何をやっていたのでしょうか?

 

本日の記事では2020年12月11日以降の直近1か月間の私の勉強内容について、正直に書きたいと思います。

 

それ以前に関しましては、この記事をご覧ください。

 

 

 

まず結論を申し上げると、私がこの1か月間(12/11~1/10)でやったことは以下の通りです。

 

  • TAC法令集の線引き
  • 『法規のウラ指導』3周
  • 法規過去問題演習6年分

 

それでは、それぞれについて具体的に説明していきます。

 

TAC法令集の線引き

 

まず、TACの法令集の線引きを全て終えました。

といっても、TACが公式に公開しているこちらのを見本(クリックで開く)を真似しただけですが、6種類のペンの使い分けには骨が折れたものです。

 

なんとか22時間で終わらせることが出来たので、自分なりに見つけたコツをまとめた記事なんかも書きました。

 

  

 

『法規のウラ指導』3周

 

次に、巷では最強の法規問題集とすっかり話題になった『法規のウラ指導(学芸出版社)』の最新版を発売日に購入し、全問題を3周してみました。

 

  

 

ところで、法規のウラ指導『線引き』をしながら解くスタイルの問題集です。

TACの見本を参考に線を引いた後でも購入して大丈夫なの?

 

私も当初そんな疑問を抱いたのですが、結論大丈夫でした。

その理由こちらの記事に書いています。

 

 

 

法規過去問題演習6年分

 

さらに、『法規のウラ指導』を3周終えた後、いよいよ実践として法規の過去問題を解き始めています。

3周したとはいえ法律とは全く接点のなかった私ですから、ある程度の苦戦は予想しておりました。

 

しかしまさか、こんなヤバい点数になるとは…。

 

 

ちなみにこれは一昨日の記事です。一昨日の時点で私はまだこのレベルですから、法規についてもまだまだ精進が必要です。

本日の法規演習も頑張って取り組んでいきます。

 

最後に、私の1月の学習予定表も全て公開しているので、その記事も貼っておきます。

 

 

合格者でもないのに勉強内容を書いて意味はあるの?

 

と、思われるかもしれませんが、将来的に私も合格できればこれも立派な資料になります。

そして現時点でも、同じく独学で勉強中の方のモチベーションになると考えております。

 

学科試験の7月11日まで残り半年ですが、まだまだお互い頑張っていきましょう。

 

 

今回は、『この1ヶ月は法規中毒』ということをお伝えしました。参考になっていれば幸いです。

次回予告

次回【#59】は、『建築士受験する!って周囲に言った方が良いの?』をお送りします。お楽しみに。

 

 

読んでくださるあなたの存在が、勉強ブログ励みです。

よろしければ、Twitterフォローまたはシェア、または定期購読のボタンクリックをお願いします。明日も「つたログ」でお会いしましょう。

つたログを定期購読できます。

コメント

コメントを残す

*